Jun24th

あくびコミュニケーションズ社員インタビュー

Top / あくびコミュニケーションズ社員インタビュー

あくびコミュニケーションズ社員インタビュー

営業部-あくびコミュニケーションズの良さ

(営業部/2016年4月入社/佐竹雅哉)

サポート事業部-あくびコミュニケーションズの良さ

『Q:あくびコミュニケーションズの良さ』

各部署、色々あるんですが、他社で働いていた時は

どうしても営業とバックヤードの方がかなり離れてしまうので

なかなかコミュニケーションが取りにくかったんですけど、

『あくび』に関しては、それぞれの部署の連携がかなり密に取れて

その点が自分の方でも動きやすくて、そこが一番『あくび』の

良い所だと思います。

営業部-あくびコミュニケーションズの成長できるところ

『Q:成長できるところ』

自分はパソコンとかの作業が凄く苦手でして…

なので、今業務の中でパソコン処理は必須になっていまして

なのでそこは処理速度で自分のスキルアップが

図れる形になっているので

その点が今一生懸命覚えている段階なので

自分としては凄くやりがいを感じます。

サポート事業部-あくびコミュニケーションズの良さ

(サポート事業部/2013年7月入社/辺見亜美)

『Q:あくびコミュニケーションズの良さ』

『自分で考えて動きなさい』っていうのが…

教えて貰うっていう事じゃなくて「自分で考えて動きなさい」

っていうスタンスなので、皆が。

自分で考えて行動していくっていう能力が身に付いたかなと、

振り返ってみて思います。

昨年の夏から産休を頂いていたんですね。

で、今年の4月から復帰して働いておりまして、

この会社で産休の制度を取ったのが、

私が始めてっていう事なんですけど、

産休のお話を出した時も、忙しかったにも関わらず、

「大丈夫だよ」っていう風に「待っているからね、帰っておいで」

っていう風に温かく迎え入れてくれたので

なので、自分で何でも提案して大丈夫ですし、

何を言っても嫌がられるっていう事は、

この会社にいる限りは無いので

「じゃあ一緒にどうしようか考えようね」っていうのが

社風だと思っているので。

サポート事業部-みなさんへメッセージ

『Q:みなさんへメッセージ』

何事にも失敗を恐れず、何でもチャレンジしていく姿勢っていうのを

持っている方に入って来て頂きたいなと思っています。

サポート事業部-あくびコミュニケーションズの成長できるところ

(サポート事業部/2016年1月入社/藤沢成益)

『Q:成長できるところ』

どんどん新しい事をやらせて頂けるので、

やりながら覚えていくのは結構辛いは辛いんですけど、

それはそれで面白い事っていうのもあるので、

自分の中では日々色んな事に挑戦できるので、

その部分は凄くためになります。

サポート事業部-MBA(経営学博士)研修について

『Q:MBA(経営学博士)研修について』

MBAに関しては、会社が今自社でサービスをやっているので

それに対して今後僕らの方でも経営とかっていうのも

学んでいかなければいけない部分もあると思うので、

まだ始まったばっかりなので、今MBAの研修に関しては

僕らの一人一人の力になっていくので、だいぶためになっています。

サポート事業部-自分の将来の夢について

『Q:自分の将来の夢について』

ここ(あくび)でやりたい事っていうのも、勿論ありますし

今後外に出てやりたい事っていうのもあるので、

そこを上手く共存してできればな、とは

メインはやっぱり営業っていう所ではあるんですけども、

自分がしたい事としては、自分が作ったものを

営業したいな、というのがあるので、その中では今

(会社の)中で学んでいる所でして、

今、営業回らせて貰ってますし、

あとは自主商材というのを扱っているので、

自分たちが商っているものを売っているっていう事は

だいぶ将来の(夢の)イメージに近いのかなという

サポート事業部-みなさんへメッセージ(2)

『Q:みなさんへメッセージ』

どんどん自分が多分、やった事の無い事をやらせて貰えるので

その分でキツイです。ただ、終わった後に自分にだいぶ残る

力っていうのは付いてくると思うので

そこを頑張って頂ければと思います。

事務-あくびコミュニケーションズの仕事内容とやりがい

(事務/2013年11月入社/嶋田ひかる)

『Q:仕事内容とやりがい』

私が今日々行っている仕事は自社ブランドを運営しているので

決済を弊社で行っておりまして、毎日お客様から決済の情報を

頂いているので、それを日々入力していく業務になるんですけども、

やりがいは、毎日(決済情報が)届くので、

日々あくびのユーザーが増えているんだなと実感が

目に見えてわかるので、そこにやりがいを感じますね。

もっともっと自社ブランドを広げていきたいなと同時に思います。

法人営業部-あくびコミュニケーションズの仕事内容と一日の流れ

(法人営業部/2015年11月入社/金高伸弘)

『Q:仕事内容と一日の流れ』

あくびコミュニケーションズで運営しているものが、

「AKUBIヒカリ(あくび光)」と「AKUBI NET(あくびネット)」っていう

サービスがあるんですけども、それを販売して貰う

会社さんを見つけて、一緒にタッグを組んでやっていくっていう

仕事がメインになっていまして、

一日の流れはまず会社に来て基本的に僕は会社全体のものがあるので

遠山和久)代表とミーティングをして各代理店が20社くらいあるんですけども、

それを僕が全部担当しているので、月初めはまず20社の動きの確認を

社内とその会社さんに連絡をして…っていう所が午前中の動き。

午後に関しては現状動いて貰っている会社さんへの訪問。

訪問をして現状困っている事とか、僕達から新しいものがあれば、

そこを提案してやっていって貰う。

夕方社内に戻ってきてメールの対応や件数の確認ですね

その辺が僕の一日の流れっていう感じになります。

20社の中でもやっぱり北は北海道から西は大阪までなんですけども

出張は月に2、3回あるような感じで。

法人営業部-あくびコミュニケーションズの成長できるところ

『Q:成長できるところ』

経営者の方達とお会いする事が多いので非常に自分にとって

プラスな部分で色んな経験をしている経営者さんの

声を聞くっていうのは非常に良い部分に

僕はいるかなという事は思っています。


法人営業部-あくびコミュニケーションズの今後の目標について

『Q:今後の目標について』

今、固定回線と呼ばれる「AKUBIヒカリ(あくび光)」

あとはプロバイダの「AKUBI NET(あくびネット)」

あとは携帯の「AKUBI mobile(あくびモバイル)」っていうのがあるんですけども

これからは電力の自由化っていうのも始まるので「AKUBI電気(あくび電気)」

あとはウォーターサーバーも

自社ブランド化して「AKUBIウォーター(あくびウォーター)」

一家に全部AKUBIブランドが入るようなものを

作っていけたらっていう所を考えています。

【遠山和久コラム】あくびコミュニケーションズ社員インタビュー全文